愛正会グループ案内
愛正会グループ案内イメージ

理事長のご挨拶

理事長 横倉稔明
理事長 横倉稔明

昭和52年3月に設立された医療法人愛正会は、同年10月に田尻ヶ丘病院を開設して以来、県北地域の医療の一翼を担う法人として歩んでまいりました。

昭和57年2月には社会福祉法人愛正会を設立し、医療と福祉の両法人が手を携えることで、地域の皆様に必要とされる医療・福祉の提供という大きな目標へ向けて歩を進め続けております。

現在は、医療法人として2病院と1クリニック、社会福祉法人として6施設およびその関連施設、事業所、保育所を運営しております。

これもひとえに、地域の皆様や医療機関・行政関係の皆様、多くの方々のご理解とご支援があったからこそであります。また、これまで献身的に業務に従事していただいた職員の皆様の努力の賜物に他なりません。

さて、現代社会においては少子高齢化が進む中、社会保障制度や医療制度の見直しが進められ、医療と福祉を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。

その中にあって、当法人グループが果たすべき役割は、地域の皆様が真に必要とされているものはなにかを正しく捉え、且つ時代の流れに沿った基準を満たす医療と福祉を提供することです。

そのためにも、法人をあげて様々な課題に取り組んでいくとともに、職員の育成に力を入れ、研修制度の充実や働きやすい環境づくりにより一層力を注いでいく所存です。

医療法人・社会福祉法人愛正会は、これからの10年、20年、その先の未来へ向け、今以上の厚い信頼をいただける法人グループへと成長できるよう精進してまいります。

医療法人 ・社会福祉法人 愛正会
理事長 横倉稔明

運営理念

愛正会は、人の和が育む愛と正義を根本精神として、全ての人が尊厳をもってその人それぞれに健康で自立した生活が送れるよう強く支援し、人の理想をする美しく健やかな一生を過ごすことを願うものです。

基本方針

  1. 個人の自立を基本とし、その選択を最大限に尊重することによって、利用者の権利と安全を護ります。
  2. 利用者一人ひとりのニーズを満たし、その人らしい生活と健康を維持するために、利用者本位の医療と、福祉サービスを提供します。
  3. 地域における医療・福祉施設として、利用者を含む地域住民に対して愛正会が有するあらゆる機能を提供するとともに、医療・福祉サービスの拠点の一つとして役割を果たします。

愛正会の歩み

1977年(昭和52年)10月1日
医療法人愛正会 田尻ヶ丘病院開院
1980年(昭和55年)9月1日
医療法人愛正会 こばと愛育園開園
1982年(昭和57年)4月1日
社会福祉法人愛正会 愛正園開園
1986年(昭和61年)4月1日
医療法人愛正会 やすらぎの丘温泉病院開院
1987年(昭和62年)4月1日
社会法人愛正会 松籟荘開所
1989年(平成元年)3月31日
社会法人愛正会 田尻ヶ丘へルシーケア開所
1998年(平成10年)10月1日
社会福祉法人愛正会 水方苑開所
1999年(平成11年)7月1日
社会福祉法人愛正会 水方苑付属保育園開園
2008年(平成20年)2月1日
医療法人愛正会 やすらぎの丘温泉病院付属安良川クリニック開所
訪問看護 安良川訪問看護ステーション開所
2008年(平成20年)4月1日
地域交流スペース やすらぎドーム開所
2008年(平成20年)4月1日
社会福祉法人愛正会 やすらぎの家開所
2010年(平成22年)1月20日
社会福祉法人愛正会 一想園開所
2010年(平成22年)9月1日
社会福祉法人愛正会付属福祉農園開園
2011年(平成23年)11月21日
医療法人愛正会 はぎの杜愛育園開園
2014年(平成26年)4月1日
社会福祉法人愛正会 愛正会記念茨城福祉医療センター開院
社会福祉法人愛正会 愛正会記念茨城福祉医療センター付属スター保育園開園
2014年(平成26年)5月23日
社会福祉法人愛正会 松籟荘サテライト安良川別館開所


このページの一番上へ